米議会上院が19日に香港での人権尊重や民主主義を支援する「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決

というバッドニュースが飛び込んで来ましたね。

やぁ、まじかぁと言う感じです。

年末高期待だったんですが、これでアメリカが香港寄りの発言をした事で米中貿易摩擦問題が悪化しそうですね。


関連記事


 

本文行く前に応援クリックお願いします
 

全会一致で可決した香港人権・民主主義法案とは?


株価や米中貿易摩擦にダメージを与える香港人権・民主主義法案とはなんだっていう話をして行こうと思います。



香港人権・民主主義法案とは、アメリカ政府に中国が『一国二制度』をちゃんと守っているかどうか?毎年検証を求める法案です。


更に、香港警察に催涙スプレーや催涙ガスなど特定の軍用品を輸出しない様にする法案も可決しています。




こうする事で、アメリカ政府は香港デモを起こしている香港人に対して『一国ニ制度』をアメリカが監視するし、香港警察にも武器を輸出しないからデモ辞めようぜ



と、メッチャ香港寄りな法案を可決しました。



そりゃ、中国面白くないですよね(笑)


中国側も何らかの処置を考えるって、完全に米中貿易摩擦問題こじれるじゃーーん



だけど、まだトランプ大統領はその可決案に署名してない為、本当にトランプ大統領が中国との貿易摩擦を進展させたいなら署名しないだろうし、、


こじらせてでも香港デモを治めたいなら署名するだろうし、これはトランプ大統領の決断が注目されますね


ダウも史上初高値を出してるしトランプ大統領が強気に介入しそうな気もしますが……



大統領選挙も控えめてる為、場を荒らすことはしないと言う見方も出来ますし…



今後のニュースを楽しみにしてます

では、閲覧ありがとうございました

また見てください